ブロンプトンでゆく!小学生の娘としまなみ海道の旅 3日目(最終日)

いよいよ3日目。

最終日のこの日は、大三島から尾道まで走ります。

泊まったホテルの向かいの堤防で、朝日を浴びながら朝食を済ませました。横には多々羅キャンプ場があり、キャンプ道具を持参で、ここで1泊をするのも良いですね⛺️


先ずは、奥に見えてる多々羅大橋を渡るところからスタートです!

多々羅大橋には、愛媛と広島の県境があるのですが、景色に見とれてすっかり見落としてました。

ここで手を叩いたりすると、まるで・・・

ぜひ訪れてみてください!


全然誰も通らないので、散々叩いて堪能しました。

大橋を越えると、すぐに🍋畑が広がります。

こんなガチャガチャを発見!


なんとミニ生🍋が入ってます。

娘は🍋じゃない方のガチャを回しました。

どうやら欲しかったものが出たようで

何が出たのかと思ったら、この標識と同じ缶バッジでした。娘はちゃんと標識に気付いてたようです。

時には海岸線をのんびりと。

ブルーラインがあるので間違うことはありません🚲️

さすが柑橘の島です。

ちょっと重いけど、お土産は決まりです。

トラヴォイがあって良かった!

六大陸さんで美味しくお昼をいただき、ワンコと戯れ、いよいよ終盤へ!

唯一、橋上を走らない因島大橋を渡って、最後の向島を目指します。

渡ってきた橋を眺めて、想いを馳せます。

いよいよ終わりが近づいてきました。

トラヴォイに🍊を詰め込んで、しまなみ海道の締めくくりである、渡し船に乗り尾道へ!


貸し切りかな?

と思っていたら、20人ぐらいのロードの団体さんがやってきて、あっという間に船は満員御礼。

渡し船に揺られること数分、船は尾道駅前に着岸します。


さすがの観光地、コロナ禍でも結構な人混みでした。


福山駅に余裕を持って19時台の🚄を予約していたので、尾道から自走でも良かったのですが、最後はゆとりを持ってJRで福山駅まで輪行しました。

JRはコロコロできないので、専用袋に収納します。

福山城がライトアップされていてキレイでした。なんだか旅が終わるという感じがします。

キャンプばかりの我が家だったので、なんだかんだで🚄が初めての次女は、その速さにビックリでした。


もうこれで、近鉄のシマカゼを


🧔「ほーらこれが🚄みたいなモンや!」

と言わなくて済みます😅

やっぱりブロンプトンは便利ですね。

座席の足元にすっぽりと。

トラブォイの方も、手荷物スペースを予約していたので、スッポリです。


🚄もガラガラでしたが、我々以外にも輪行の方が何人かチラホラと。


長旅をしたような気分でしたが、福山から京都までは1時間15分ほど。

そりゃー寝台列車は消えていくわなー(>_<)


京都駅に着くと、構内で何人かのブロ乗りの人がコロコロしてましたが、何も言われてないようでした。

気付かれてないのか、暗黙の了解なのかは分かりませんが、関東方面ではすぐに呼び止められるようなので、気を付けないといけませんね。(私的にはブロのコロコロはOKにして欲しいとこなんですがね~) 


あとは近鉄に30分ほど揺られて無事に帰宅いたしました。


逆回りだと、🚢で大阪に早朝着なのでこうは行きませんが、今回の行程だと、関西圏の会社勤めの方でも、普段の土日を利用して行けるので、オススメですよ😊


我が家の次女も全く疲れを見せていなかったので、皆様もお子さんとの思い出に如何でしょうか。

しまなみ海道は、ロードのようにスピードを出して走り抜けてしまうには、非常に勿体無いほど景色も良く、気持ちの良いルートです。

今では、安くて軽快に走れる折り畳み自転車も増えてますので、のんびり行くのも楽しいですよ♪


おまけ


早速、折れた青ブロのフェンダー修理に取り掛かりました。新品を買って交換するのは簡単ですが、ここまでコストをかけずにやってきたのであれば!

と、折れた部分をキレイに整え、

剥げたところは、もはやスプレーでもなく、マーカーで塗り塗りして

リベットを打ち直し、ショートフェンダー化へ!

こんなんなりまりました!

ちょっとトガリ気味のワルなブロになったかも。

畳んでみると、なんとかなってそうです。

正規の状態と比べてみると、なんか青ブロの方が速く走りそうな気分にならんでもない。


とりあえず次折れたらさすがに交換なので、しばらくこれでいってみよーと。